セクキャバ求人 > お仕事まにゅある > 職種辞典 > セクシーキャバクラ(セクキャバ)

セクキャバの仕事内容

オシゴトPick Up!高収入のお仕事をわかりやすく解説。セクシーキャバクラ(セクキャバ)の仕事内容

この職種の仕事内容

セクシーキャバクラ

おさわりOKで最も稼げる水商売 さわれる範囲の広いお店ほど高収入!

お客様からのおさわりが自由な高収入水商売

おさわりをされることを前提とした接客

本来、水商売の接客で、お客様が女の子に触れることはご法度。それをOKにしたのがセクシーキャバクラです。略してセクキャバ。地域によっては、セクシーパブ、セクパブ、おさわりパブ、おっぱいパブ、オッパブなどと呼ばれることもあります。主にキャバクラのように夜の営業が基本ですが、関西地域ではサロンという呼び名で昼間から営業しているお店もあります。これは性風俗産業のピンクサロンとは別業種で、お客様がズボンを脱ぐようなことはありません。

また原則的にキャバクラと同様の法律のもとで営業しているため、深夜1時には完全終業になります。ただ性風俗産業に近いサービスと括られているため、女性をホステスとして勧誘するスカウト行為は禁止されています(一般、水商売では、つきまとい行為にならなければ禁止されていません。性風俗店でのスカウト行為は禁止されています)。

店名にキャバクラと名乗っていますが、高級感を意識している店は少なく、内装も質素なところが多いようです。

セクシーキャバクラでの服装は制服を採用していることもありますが、主にドレスやスーツ、キャミソール、ランジェリーを採用。様々なコスプレを導入していることも多いようです。こういった衣装はお店でレンタルすることもできますが、出勤日数が多いようなら、自前で何着か用意しておくほうが良いでしょう。その際は、かわいいデザイン、セクシーなデザインも大切ですが、1日に何度も脱いだり着たりを繰り返すので、スピーディーに脱ぎやすい、着やすい服であること。同時にボタンやファスナーがほつれにくいなど壊れにくい服であることも大切です。ただ内装の質素さもあるので、あまり安っぽい服装だと、あまりいいアピールにはならないでしょう。

セクシーキャバクラのお給料リスト
セクシーキャバクラ

下半身のおさわりには注意が必要

具体的な仕事内容は、お客様の横に座り、お酒の相手をしながら、会話で盛り上げて、同時にお客様に体をさわらせて楽しませることです。また、おさわりだけでなく、キスもサービスの中に含まれます。このようなサービス事情もあって、他の水商売のように複数での接客はなく、お客様もホステスもマンツーマンでの接客となります。

お店によって、このおさわりの範囲はいろいろです。上半身に限っているお店もあれば、下半身のおさわりも許可している店もありますし、「指入れ」と呼ばれる膣へのおさわりを許可しているお店もあります。おさわり範囲が広いお店ほど、集客力があり、給料も高めになる傾向があるようです。

なお膣については弱い人も多いので、個人的に「指入れNG」とすることもできます。また「前のお客様が乱暴に触られたので、今、傷ができちゃって、今度ね」といって逃げることもできます。このセリフを使うと、指入れ好きなお客様からの指名は取りづらくなりますが、初回の接客で、その人が乱暴そうか、やさしそうかを見極めることもできるので、次回の接客(偶然がなければ、指名をもらっての接客となる)で、触らせる加減を調整することもできます。また濡れやすい人以外は、ポーチやポケットなどにローションを準備して、接客の合間などに膣にローションを塗っておくと傷が付きにくくなります。お客様の多くは、それをローションとは気付かずに「濡れやすいコだ」「感じやすいコだ」「自分のテクニックで感じている」と勘違いすることが多いため、人気を得やすいということがあります。なお指入れを採用している店では、生理期間は出勤を控えたほうがよいでしょう。

また一部のお店を除き、水商売では定番の営業時間外の同伴出勤やアフターを行っていないところが多いようです。そのため勤務時間のみで稼ぐことができるのも特徴です。

会話だけでなくお客様にさわってもらうこともポイント

セクシーキャバクラに来店するお客様の中には、真面目なのか、純粋なのか、おさわりをしてこない人もいます。こういったお客様にあたった時に、何もされずにラッキーと考える人もいますが、これは長い目で見れば間違いです。本当にその人がおさわりをしたくなかったなら、キャバクラへ遊びにいけばいいのです。心の中では、さわりたい欲望はあるわけですから、そういったお客様にあたった時こそ、お客様の手を取って、胸に押し付けてあげましょう。こういったタイプのお客様は他のホステスやお店でもさわらずに帰っている場合が多いので、実際に触れれば、アピールは大きく、指名や延長をもらえる可能も高まります。

さらなる演出として、さわられた時に、お客様の耳元で必要以上に声を出すこともアピールになります。AVを見るとわかりますが、AV女優は、ちょっとしたことで、大きな喘ぎ声を出します。性体験の少ない男性は、こういったAVを見ることが日常的なので、派手な声には反応しやすいのです。同時にお客様の体をギュッと強めに抱きしめることも、説得力を増すと思われます。多少、芝居がかった演技になりますので、慣れるまで恥ずかしさが出てしまうでしょう。その恥ずかしさもまたリアルな演技のスパイスとなるはずです。

登録するだけ!仕事も友達もGET!

モモきゃばご利用の女の子へ

よくある質問ご利用上の疑問・質問のQ&A集

店舗通報求人内容に虚偽等ございましたら

モモきゃばからのお知らせインフォメーション

掲載をお考えのお客様へ

広告掲載について求人広告の掲載のお申込みはコチラ