セクキャバ求人 > お仕事まにゅある > 職種辞典 > 朝・昼キャバ

朝・昼キャバの仕事内容

オシゴトPick Up!高収入のお仕事をわかりやすく解説。朝・昼キャバの仕事内容

この職種の仕事内容

朝・昼キャバ

お客様は朝まで働いている男性が主な層 Wワークに最適で、知人にバレる可能性が低い!

朝や昼に営業するキャバクラ

朝・昼営業だからこそ生まれるメリットも

キャバクラなど接客をともなう水商売は、風営法の関係で24時には営業終了。翌1:00には完全終業をしなければなりません。そのためキャバクラが営業時間を延ばそうとすると、必然的に日の出後の早朝か、昼ということになります。そこで生まれたのが朝営業、昼営業をするキャバクラ、朝・昼キャバです。そんな時間に営業してお客様がいるのか不安になるかもしれませんが、大きな繁華街であれば、居酒屋などで朝まで働いていた人を筆頭に、タクシー運転手、工場スタッフやガードマンなど夜勤明けの人たちなど、意外と多くいるものです。また同業の水商売の人たちも少なくありません。

もちろん朝・昼キャバは、夜営業に比べれば、お客様の絶対数が少ないので、指名本数や売り上げなどは少なめになるでしょう。しかしデメリットばかりではありません。例えば、ちょっと特殊な勤務形態のお客様が多くなるので、友達バレ、知り合いバレが起こりにくいといえます。また競合店が少ないので、お客様から本指名をとったり、顧客化させるハードルが低いともいえます。また時間が時間なので、同伴、アフターなどの店外デートを断る理由が作りやすくなります。朝だけの出勤で、昼の仕事がフレックス制なら、午後から会社に出勤するといったライフスタイルも可能です(この場合、お酒は避けてね)。

朝・昼キャバのお給料リスト
朝・昼キャバ

会話でお客様の心をつかみ距離感を縮める

お仕事内容はキャバクラと同様になります。お客様の横に座り、お酒の相手をしながら、会話で盛り上げて、楽しませることです。服装はドレスかスーツが一般的です。ただ夜営業に比べて、カジュアル系のお店が多い傾向にあるようです。

会話は日常的な話題で、ちょっと甘えて、恋人っぽく振る舞うのが基本です。これを俗に「恋人営業」といいます。そういった恋人風に振る舞うのが苦手なら、もっとフランクな男女関係のない「友達営業」というスタイルや、甘え上手なら「妹営業」といったスタイルもあります。

会話の話題は、季節、天気、ニュースなどが切り口になります。その店に慣れてきたら「よく、このあたりで遊ばれるんですか?」なども定番の切り口になります。逆に慣れないうちは、「まだ慣れないので教えてくださいね」「このあたりでおいしいお店とか知りませんか」などと言って、距離を縮める方法もあります。

なお一般的に話し上手が有利と言われますが、実は聞き上手もポイントです。ストレスを抱えている状態を経験していると想像しやすいと思いますが、誰かにいろいろ話すとスッキリするものです。これはお客様も同様で、たくさん話すことで、ストレス解消になるのです。

人気アップにともなう接客スタイルの変化

朝・昼キャバでの指名制度は自由指名で、お客様から人気を得られれば、いくらでも指名数を増やせます。この指名数の多さが収入を増やすポイントになります。

それだけに自分の魅力をアピールして、お客様に対して恋人のように振る舞うことが、稼ぐ早道になります。ただし指名客が増えてくると、同時に何人もの指名客が来店してくることになります。そうなるとお客様の横に座っていられる時間も短くなり、60分の間に5分程度しか座れないといったことも起こります。しかも当のお客様に、他のお客様の横に座って仲良さそうにしている姿を見られることになります。つまりベタベタな恋人営業だけでは、人気の限界が出てきます。それ以上を目指すなら、人としての魅力を磨き、男女の間を越えた信頼を勝ち取っていくことが必要になります。

登録するだけ!仕事も友達もGET!

モモきゃばご利用の女の子へ

よくある質問ご利用上の疑問・質問のQ&A集

店舗通報求人内容に虚偽等ございましたら

モモきゃばからのお知らせインフォメーション

掲載をお考えのお客様へ

広告掲載について求人広告の掲載のお申込みはコチラ